ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ずっと無料で使える「やよいの白色申告オンライン」を使ってみよう6 取引の修正と入力の仕方

スマート取引読込を修正してみよう

 

f:id:sukuhama:20170214222047p:plain

いよいよやよいの白色申告 オンライン」で実際の取引を入力していきます。

 

まずは以前「スマート取引読込」で読込しておいた取引の修正を行います。スマート取引読込は口座やクレジットカードの取引を読込んで自動で判別してくれるので便利です。しかし、科目や内容に修正が必要な場合もよくあるので、機械にまかせず必ず自分で内容を確認してください。

 

スマート取引読込についてはこちら


メインメニュー内の「かんたん取引入力」を選択すると、読込んでおいた取引内容が表示されます。

f:id:sukuhama:20170214221037p:plain

 

1件ずつ選択し、編集ボタンをクリックします。

※この画像は後から抽出したもののため、実際の表示と少し異なります。

f:id:sukuhama:20170214221057p:plain

 

以下の画像のように編集画面が表示されるので、「科目」や「摘要」を必要に応じて修正します。

f:id:sukuhama:20170214222939p:plain

編集が終わったら「上書き保存」して確定します。

これを繰り返し、すべての「スマート取引読込」の内容を修正していきます。

 

ハンドメイドで生じた取引を入力してみよう

 

ここからは新規に発生した取引の入力の仕方を紹介します。

ここでの新規とは、現金取引スマート取引読込以外の取引のことを指しています。現金でのやり取りや、読込めていない銀行口座の取引がある場合は、ここで手入力していきます。

 

やよいの白色申告 オンライン」では取引を「収入」「支出」「振替」の3種類に分けて入力するようになっています。

 

【収入】

「収入」は売上が発生した時に使用します。

かんたん取引入力の左のタブから「収入」を選択して入力していきます。

f:id:sukuhama:20170214224610j:plain

上記の画像は、私の委託販売での売上時の入力です。

 

売上金は翌月末の入金なので、「売掛金」を使用しています。minneやcreemaのようなハンドメイドマーケットプレイスの場合も委託販売と同様になります。

科目は「売上」、取引手段は「売掛金」を選択し、摘要に「○○売上(12月)」と入力しました。売上金額は手数料等を差し引く前の純粋な売上金額を入力します。

※売上から差し引かれる販売手数料については別の取引になるので、個別に入力が必要です。

 

詳しい取引内容はこちらを参考にしてください

 

【支出】

「支出」は主に経費が発生した時に使用します。

かんたん取引入力の左のタブから「支出」を選択して入力していきます。

f:id:sukuhama:20170214221121p:plain

何の費用だったかがわかる科目を選択します。取引手段は「現金」「クレジットカード」等から該当のものを選択します。

 

【振替】

「振替」は科目(取引項目)を変えるときに使用します。

委託販売先から売掛金を受け取った時、クレジットカードが口座引き落としされた時など、科目(取引項目)が変化する時に使用します。

かんたん取引入力の左のタブから「振替」を選択して入力していきます。

f:id:sukuhama:20170214221530p:plain

上記画像は、クレジットカードの口座引き落とし時の取引内容です。

 

振替元は「普通貯金(ゆうちょ銀行)」、振替先は「クレジットカード(楽天カード)」、適用は「楽天カード(1月分)」と入力しました。

※振替元と振替先の選択によっては口座残高が増えてしまう場合があるので、入力後にに帳簿と通帳の口座残高が一致するか確認してください。

 

このような感じで日々の取引を入力していきます。

地味な作業ですが、この作業をしないと確定申告をすることができないので、1か月に1度は入力や修正をするようにしてください。