読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

帳簿を付けるためには必須?!商品と材料の在庫管理簿を作ろう!

在庫管理について

帳簿を付けるには在庫管理簿が必要?!

「ハンドメイドでおうち起業」でも帳簿づけは必要です。

始め方すらわからなかった帳簿づけ。簿記の疑問や税金に関する知識が増えて、この2年で少しずつですが理解できるようになりました。

特に以前紹介した『オールカラー 個人事業の経理と節税のしかた』が開業から納税までの流れがわかりやすく役立っています。
紹介記事はこちら


帳簿についてわかってくると、必要なのは帳簿(会計)だけではないと思うようになりました。商品や材料の在庫管理はしていますか?

在庫管理」は
簿記以上に重要ではないでしょうか?

商品はもちろん材料や梱包資材まで、あらゆる在庫の管理をしていないと正確な帳簿がつけられないのです。

手持ちの商品の原価はいくらですか?
在庫はいくつありますか?
どれが現在minneで販売しているものですか?
材料はどのくらいありますか?
その材料でどのくらいの商品が作れますか?

簿記をつけるためには金額が必要になるので、在庫の商品、材料、資材などのすべて金額に換算しなければいけません。

そのためには種類ごとに在庫の数と金額を記録しておく在庫管理簿を用意すると便利です。

在庫管理簿を作ってみよう

在庫管理簿は帳簿と違って決まった形式はありません。業種や人によって必要な項目がちがうので、Excel等で簡単な表を独自作成するといいでしょう。

1個何円であったり、10㎠あたり何円だったり、毎回計算の仕方が変わってはいけないので、統一した計算方法を最初に自分で決めてしまいます。

管理簿といってもメモ書きだと思ってください。
そうそう人に見せるものではないのでボロボロになってもいいのです。
気楽に作りましょう

用紙は出来れば1枚につき1種類だけ記入します。1枚に複数種類を記入してしまうと、記入がわかりずらくて管理しにくくなります。

1種類ごとに商品コードを付けると後から同じ商品を購入した時に探しやすいです。

どの在庫かわからなくなりそうなら、布ならはぎれを、商品やパーツなら写真を貼っておきます

同じ種類をまとめた商品コードだけの一覧表(目次)を作ってファイリング(もしくはPCでデータ管理)します。こうすれば何種類の在庫があるかが一目瞭然です。


※今後サンプルデータを作成&配布予定です

 

在庫管理簿の使い方

1.まずは現在の在庫をすべて記入します
  単価×量で計算して残高を出しておきます

2.使用した場合は、使った量と金額を記入します
  購入した場合は、購入した量と金額を記入します
  商品の場合は原価と販売価格の2種類を記入しておくと便利です
  ここでも単価×量で計算して残高を出します

3.これを繰り返せば年末の棚卸がとっても楽になります
  ※記入ミスや漏れがあるので年末の棚卸ではしっかり確認してください。

こんな感じで在庫管理すればいいのではないでしょうか。
みなさんはどんな在庫管理をしていますか?