読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

買っただけでは経費にならない?!使って初めて経費になるモノ!

お金を使っただけではダメ!経費は実際に使用したかどうか!


今日のテーマは「使って初めて経費となるモノ」

事業にかかる費用はすべて「経費」として処理していきますが、その中には「お金を使っただけでは経費にならない」モノが存在します。

ハンドメイドの場合は「材料」が該当します。材料はは買っただけでは経費ではなく「資産」になります。使った時点で初めて「経費」になるので注意が必要です。

安いからと言って使わない材料をいっぱい買ってしまうと、材料ばかりが増えて手持ちの現金が減ってしまいます。でも帳簿上は現金も材料も「資産」なので損はしていないことになります。となると、確定申告をして納税する時にお金がなくて困ってしまいます。

 

他にもある!とっても身近な「使って初めて経費となるモノ」

ハンドメイド作家の場合は上記のとおり「材料」が大きいと思います。
しかし他にも、全ての業種で共通するモノがあります。

それは「切手や印紙」です。

切手や印紙も「買っただけでは経費にならないモノ」です。
これらは言い換えれば「金券」です。
切手は持っているだけではほとんど無価値ですが、
封書や荷物に貼れば「送料」としての価値が発生します。

マーケットプレイスを利用して販売しているハンドメイド作家さんの中には、
発送時に使用する切手やレターパック等を事前にまとめ買いしている人も多いと思います。これらは厳密には購入した時点ではなく、使った時に経費になるので注意したいですね。

本当に少額ですぐ使うなら問題ないそうなのですが、沢山の切手を事前購入している場合などは個人用と区別するためにも切手自体を管理する「管理簿」を用意しておく必要があります。
この切手や印紙も「棚卸」の対象になります。月末締め等でしっかり在庫の管理ができるようにしておきましょう。

私の職場にも「切手・印紙管理簿」があります。職場の「切手・印紙管理簿」は市販の紙製ファイルを使用しています。
切手の金額ごとに分けてクリアポケットに入れ、金額ごとに出し入れ(使用と購入)を記入する用紙を綴っています。
切手を使う時にこの用紙に「日付」と「適用(宛先や目的)」を記入していくのです。

毎回しっかり記入しておけば、後からでも帳簿に転記できるので便利です。面倒だなと思うかもしれませんが企業では普通に行われていること。こういう地道な事務作業って結構重要なんですよね。

ハンドメイド作家さんは切手や印紙だけでなく、材料に関してもこういう管理簿を作れば後が楽になるのではないでしょうか?

続きはこちら

www.hm-ouchikigyo.com