ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

作業効率がアップする!ハンドメイドがしやすい環境を整えよう!

ハンドメイドがしやすい環境を考えたことはありますか?

 

現在、皆さんはどんな環境でハンドメイドをしているでしょう。

 

ダイニングテーブルで?

リビングでくつろぎながら?

ハンドメイド専用の部屋で?

 

ハンドメイドをする環境は人によって違います。物理的にスペースを確保することが難しい場合もありますが、使いやすい環境かどうかは道具や材料の配置や収納にも大きく影響されます。

こんな環境だったら、もっとハンドメイドがしやすいのにと思うことはありませんか?環境を変えることで無駄がなくなり、作業効率が上がることもあります。

 

仕事としてハンドメイドをしている、もしくはハンドメイドを仕事にしたいと考えているのなら、一度「環境」を見直してみるのもいいでしょう。

 

私はある本に出会ってたことで、ハンドメイドをしやすい環境を整えた方が効率よく作業出来ることを知りました。

それがこちらの本です。

ママの「働きたい」をかなえる 通勤0分 おうちオフィス

著:熊田美佐 中村佳子

 ※kindle版でのみ出版されている電子書籍です

 

最初は普通の「ハンドメイドで起業する」本だと勘違いして読んだのですが、この本は「おうちオフィス」がメインテーマの本でした。

ハンドメイドで起業したい人のには具体例として参考になりますが、それ以上に活動しやすい環境作りについての情報が詰まっています。

 

著者の一人である熊田美佐さんは「おしゃれなふくさ専門店choco*t」でハンドメイドでおうち起業した方です。前半は熊田さんの起業までの経歴や心意気、起業の準備についての紹介があります。女性特有の妊娠出産に伴う退職や専業主婦の悩みが登場するので、同じ悩みがある方は参考になると思います。

 

後半はもう一人の著者である「Drawer Style」の中村佳子さんが担当しています。中村さんはライフオーガナイザー、いわゆる「片付けと収納のプロ」として活躍されている方です。ライフオーガナイザーは片付けを代行しているのではなく、顧客のライフスタイルと価値観に合わせた収納スタイルを提供しています。

 

この本はハンドメイドでおうち起業された熊田さんが、ライフオーガナイザーの中村さんに「おうちオフィス」作りを依頼した内容をメインとした本なのです。

 

具体的な内容はぜひ本を読んでいただきたいので書きませんが、長い時間をかけて理想の「おうちオフィス」を作り上げていく様子は、私もこうすればよかったのかと納得させられるものばかりでした。

 

ハンドメイドの環境と言っても、仕事としてするならそこは「オフィス」です。「家庭」の部分と「オフィス」の部分をしっかり区切った方が、ハンドメイドの効率もグッとアップするのです。

 

片づけの魔法で本当に必要なものを見極める

 

理想のおうちオフィスを実現するためには「不要なものは処分する」ことが不可欠です。

 

ママの「働きたい」をかなえる 通勤0分 おうちオフィス』を読んでいて頭に浮かんだのは、お片付けで有名な近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』でした。読んだことがある人も多いと思いますが、物を捨てるかの基準は「ときめくかどうか」というものです。

空間は物理的に限りがあるので、本当に必要なもの、使うものだけを選択してスペースを確保する必要があります。押入れで使わない材料が山になっていませんか?本当に必要なものですか?「ときめきがない素材」では、お客様に喜んでもらえる商品は作れません。

物が使いやすいというのも「ときめき」に近いものがあると私は思います。使いやすい配置だからこそ、もっとその道具や材料を使ってハンドメイドしたいと思えるのです。それは使いたいと思える道具や材料に「ときめいている」からではないでしょうか。

 

年末の大掃除の時に、「ハンドメイドの環境作り」をしてみてはいかがでしょうか?

ママの「働きたい」をかなえる 通勤0分 おうちオフィス

ママの「働きたい」をかなえる 通勤0分 おうちオフィス

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法