読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ハンドメイドの帳簿 それぞれの帳簿の意味とは

帳簿付けと簿記について

主要簿?補助帳簿?これって何?

※以前の記事で先送りにしていた「帳簿の中身」についてです。
いざ「ハンドメイドの帳簿を付けよう」と決めても、初めての帳簿付けはわからないことだらけ。まずは帳簿の意味を確認しておきましょう。
 
 ここでは青色申告(複式簿記)の場合に必要な帳簿の中身を見ていきます
 
帳簿は「主要簿」と「補助簿」の2つに分かれます。
名前の通り「主要簿」がメインとなる帳簿で必ず作成しなければいけないものです。それに対して「補助簿」は主要簿の内容を補助するための帳簿で必要に応じて作成します。
 
主要簿には
仕訳帳」「総勘定元帳」があります。
 
仕訳帳
取引を日付順、発生順に記した最も重要な帳簿です。事業で発生したすべての取引の流れを記載します。
※会計ソフトを使用すれば補助簿を作成すれば仕訳帳は自動作成されることが多いです。
 
総勘定元帳
仕訳した結果を項目ごとに集計した合計表のようなものです。総勘定元帳はすべての帳簿ができてから集計するものなので、会計ソフトを使う場合は自動作成されます
 
 

補助簿には
現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」「経費帳」「固定資産台帳」などがあります。

現金出納帳
「現金」に関する取引だけを記載した帳簿です。これを見れば事業用の財布の残高がいつでもわかります。

預金出納帳
金融機関に預けた「預金」に関する取引だけを記載した帳簿です。委託先からの売上やネット通販での振込み時、クレジットの引き落との時などに使用します。

売掛帳
売掛というのは「商品を売ったが、お金は後で受け取る」ことを言います。委託販売などで起こる「売上は月末締め翌月15日に振込み」のような場合に使用します。「まだ受け取っていない金額」を忘れないようにしっかり記入しましょう。

買掛帳
立場が売掛と逆になります。「材料を仕入れてたが、お金は後で払います」という場合に使用します。おうち起業のハンドメイドの場合は、掛け取引自体があまり発生しないのでほとんど使わないと思います。

経費帳
電気代、文房具代、電話代など「仕入れ(材料費)以外の経費」を記載する帳簿です。

固定資産台帳
固定資産、つまり事務所や店舗などの資産状況を記載する帳簿です。パソコンやミシンなどの機械も含まれます。

以前も記載しましたが、これらの帳簿は連動しているので1つ変更があれば他の帳簿も変更することになります。

簿記の基本手順は次のような感じです

1.補助簿に記入する
(現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳)

2.仕訳帳に記入

3.総勘定元帳を作成する

紙の帳簿ではこれを毎回しないといけません。
でも会計ソフトを使っている場合は「1.補助簿に記入」をしっかりやれば後は自動作成されるわけです。
※ソフトにより1と2が入れ替わる場合があります

やっぱり便利な会計ソフトは早く導入しちゃったほうがよさそうです。


会計ソフトについてはこちら

www.hm-ouchikigyo.com

www.hm-ouchikigyo.com

www.hm-ouchikigyo.com