ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ハンドメイドの帳簿はどれでつける?その3 確定申告まで費用が掛からない「ネットde青色申告」

月額料金がかからないクラウド会計ソフト「ネットde青色申告」

前回までの記事はこちら

 

www.hm-ouchikigyo.com

www.hm-ouchikigyo.com

 

初めてパソコンで帳簿を付ける人が最初に悩む「どのソフトを使うか」という問題。
便利なソフトは基本的に有料です。

月額1,000円程度、年間10,000円程度のクラウド型ソフトが主流になりつつあります。これらのサービスの場合はずっと支払い続けることが前提のサービスです。
 
でもまだ事業を始めたばかりで利益が出るかもわからない赤字で確定申告が必要かもわからないのに、月に1,000円や年間10,000円も払い続けるなんてまだ無理!!
そんな人には決算の時(確定申告)のみ費用が掛かるソフトはどうでしょうか?
 

クラウド会計ソフト「ネットde青色申告」

 
ネットde青色申告」は「やよい」や「Freee」とは全く異なる料金設定のクラウド会計ソフトです。
「やよい」や「Freee」は月額もしくは年額利用料でソフトを利用するので、ソフトを使用している期間(データ保管期間)はずっと利用料がかかりますが、「ネットde青色申告」は長期間ソフトを使用していても利用料がかからないのです。
 
「ネットde青色申告」は基本料金が0円で、決算書(確定申告書)作成に3,000円が掛かります。また簿記に関する質問や相談は内容ごとに別途料金が発生します。
 
つまり書を作成しない場合は費用が一切かからないということ。
小規模のおうち起業やちょっと簿記をやってみようかという人にちょうどいいサービスです。
 
ただしデメリットもあります。
 
1つめは
データの自動取得できる銀行は「ジャパンネット銀行のみ」ということ。
クラウド型会計ソフトの利点である「取引データの自動取得」が限定的のため、ジャパンネット銀行以外の銀行取引は手入力になります。
「やよい」や「Freee」なら全国の多くの金融機関のデータ取得が可能なので、これは致命的と言われています。
 
2つめは
簿記の知識がないと入力が難しいということ。
一応サイトには簿記の知識がなくても利用できると記載されていますが、ちょっと癖のある仕様のようで簿記の知識がないと正直難しい印象を受けました。
初期設定で勘定科目を選択するのですが、そもそも簿記を知らない人には「勘定科目」自体さっぱりわからない内容です。
 
費用が掛からないというメリットをとって手間をかけるか、費用をかけて手間を無くすかといった選択になるでしょう。
 
 ネットde青色申告は費用をかけられない人、取り敢えず使ってみようという人向けのソフトです。私は試しに使っていますが、はっきり言って簿記初心者には扱いずらいです。