読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ハンドメイドの帳簿を付けるときに必要なものはどんなもの?

ハンドメイドの帳簿を付けるために必要なもの

それで結局のところ、
ハンドメイドの帳簿を付けるためには何が必要なのでしょうか。

白色申告の場合

決まった帳簿の形式はありません

収入と経費がしっかり記載されていれば形式は自由となっています。
ただし2014年からはすべての白色申告者に帳簿の記帳が義務化されたため、少額であっても必ず帳簿を付けなければいけなくなりました

最低必要な内容は「取引があった日付」「具体的な内容」「金額」です。白色申告の場合は、金額が少なければ1日分の合計でも問題ないそうです。ちなみに帳簿は7年間、領収書や請求書等の根拠書類は5年の保管義務があるので、安易に捨てないように気を付けましょう。

白色申告では決算時に「収支内訳書」の作成が必要になります。まだまだ先の話と思わずに、事前にどういう形式なのか見ておく事をおすすめします。


青色申告の場合

必要な帳簿の内容が決まっています

主要簿と呼ばれる「仕訳帳」「総勘定元帳」、補助簿と呼ばれる「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」「経費帳」「固定資産台帳」の計8種類の帳簿が必要になります。

確定申告のための帳簿としては上の通りですが、このほかに「仕入帳」と「在庫管理帳」「売上帳」も必要に応じて用意するとスムーズです。


それぞれの具体的な内容については後日紹介していきます。

青色申告の場合は、複式簿記のためすべての帳簿が連動しています。1カ所内容を変えれば、他の帳簿にも影響するので、計算ミスなどをしてしまうと修正が厄介です。こちらも白色申告同様に、帳簿は7年間、領収書や請求書等の根拠書類は5年の保管義務があります。

青色申告では決算時に「貸借対照表」「損益計算書」の作成が必要になります。こちらも必要な項目だけでも事前に見ておいてください。

帳簿については紙で書いてもパソコンのソフトを使ってもどちらでも問題ありません。この場合は事務用品店やホームセンターなどでも購入できます。様式さえ整っていれば市販の大学ノートに自分で手書きしてもOKです。

私は最初に実際の帳簿を見たくて事務用品店に行ったのですが、商品を見てすぐに紙の帳簿はやめようと思いました。部厚い帳簿が山のように置かれていたからです。
青色申告は帳簿の種類が多いです。すべての帳簿を購入するだけでかなりの冊数になることがわかりました。置き場所の問題もありますし、手書きの場合は自分で計算して記入する手間もあります。

青色申告を考えている人は、絶対パソコンソフトで行ったほうがいいです。ソフトなら1つ入力すれば連動下部分は自動的に入力されます。帳簿づけにかける時間は出来るだけ削り、本来やるべき仕事に時間をかけたほうが絶対いいです。

ソフトを使って帳簿を付けた場合でも、それが正しいとは限りません。最終的に正しい確定申告をするためにも、確認はプロ(税理士)に依頼しましょう。

 

税理士に依頼するには費用はどのくらい?

税理士さんの費用って高そうって思いますよね。

弁護士とは違ってそこまで高い金額ではありません。税理士費用の相場は確定申告のみだと2~3万円程度、普段の帳簿の確認もしてほしい場合は顧問料が月2〜3万円だそうです。税理士にも得意分野が異なるので、規模に応じて自分に合った税理士に依頼すればいいかと思います。色んな所で無料相談をしているので、まずはそちらで相談してみるといいでしょう。

 

理想の税理士と出会えないという場合は、インターネットで税理士を探せるサービスもあるので利用してはいかがでしょうか?