ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ハンドメイドでも帳簿付けが必要なのはどうして?

ハンドメイドの帳簿を付けるタイミングはいつか?

ハンドメイドでも帳簿付けが必要なのはどうしてかわかりますか?


帳簿を付けていなければ確定申告は出来ません

帳簿がなければ、その年の自分の利益がいくらかわからないからです。

 

なんとなくこのくらい?で確定申告しますか?
うっかり扶養から外れちゃったりしていませんか?
万が一税務署の調査が来たらどうします?

1月1日〜12月31日までの「利益=収入ー経費」なので、収入がいくらあって、経費がいくらかかったのかを把握していなければ、利益が求められません。

重要なのは手持ちの現金ではなく利益です。

これを間違えると、利益はいっぱいあったのに材料を買いすぎて手元に現金がないという事態に陥ります。材料をいっぱい買っても、売り上げていなければその材料は経費にはできません。せっかくの利益を計画もなしに材料にしてしまうと、利益があったのに手持ちの現金がない状態になってしまいます。

 

www.hm-ouchikigyo.com

 

ハンドメイドでおうち起業したい人、起業したいけどまだ何も初めていない人、すでに始めているけど帳簿を全然付けていなかった人、



今すぐ帳簿をつけ始めましょう

本当に「今すぐ」がおすすめです。なぜならそれが一番デメリットがが少ないから。

いやいや、まだ何にも始めていなんだけどという方。今始めておけば本当の0から帳簿を始められるので一番簡単です。

すでにハンドメイドで活動しているという方は、帳簿付けを後回しにすればするほど複雑になります。早く帳簿を付け始めて軌道に乗せたほうが後が楽になります。
すでに始めている人は、まずは現状までの帳簿を作る必要があります。今持っている在庫(材料、商品)、現金などをすべて仕入れとして金額に直す「棚卸」をしなければいけません。これが一番面倒ですが、いつかはやらなければならないことです。


帳簿をつけ始めたら「棚卸」は毎年1回は必ずやる作業になります。早く始めて自分の経営状況を把握できるようにしましょう。