ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

おうち起業で確定申告が必要なのはいつか

確定申告が必要となるのはいくらからか


ハンドメイドで起業して、1年間である程度の利益が出た場合は確定申告が必要となります。ある程入ではない度という書き方をしたのには理由があります。


専業主婦の場合と給与所得のある会社員(パートを含む)では基準が異なるからです。

給与収入のない専業主婦の場合

年間(1月〜12月)までの所得が38万円以上となると、確定申告と納税の義務が発生します。所得という点がミソで収入ではないので注意してください。

所得というのは収入から経費を引いた金額となります。

ハンドメイドやその他での所得(売上-経費)が38万円以上となった場合、確定申告所得税の納税義務が発生します。また旦那さんの職場によっては扶養から外れることになります。

なぜ所得が38万円以上で確定申告が必要なのかというと、所得税の基礎控除が38万円だからです。所得税の計算をするときに、誰でも収入から38万円控除されるので、38万円未満の収入の場合は38万円控除されて所得は0円になるのです。そのため所得が38万円を越えると確定申告と所得税の納税が必要になるのです。


給与所得のある会社員(パートを含む)の場合

給与所得者の場合は、給与以外の所得(いわゆる副業)20万円以上となると、確定は申告が必要です。専業主婦と比べると18万円の差があります。

給与所得者は収入から65万円の控除(見込み経費)があります。また、誰でも適応される38万円の基礎控除もあります。所得税の計算上での所得なので実際の手取りとは異なります。扶養の範囲で言われる103万円の壁とは、この給与所得の65万円の控除と38万円の基礎控除の合計金額です。

 

103万円の壁はパートなどの給与所得がある人にしか当てはまりません。専業主婦の場合は38万円が扶養の範囲なのでハンドメイドで起業しようと考えている専業主婦の人は注意していください。


扶養から外れるとどうなるかはこちら

www.hm-ouchikigyo.com