ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

ハンドメイドの所得の目安はいくら? 白色申告で大赤字に注意!

申告の時点で気づいても手遅れ!事前に制度を理解しよう!

いよいよ確定申告の時期になりました。昨年頑張ったハンドメイド作家さんは、今の時期は確定申告の準備で大忙しだと思います。
 
ハンドメイドの販売を始めたけど、帳簿とか確定申告ってどうするの?
白色とか青色とか扶養のことも気になるし、という人はとっても多いと思います。

今日確定申告を終えたというハンドメイドの糸作家の「るっち」さんが、このブログを参考にしてくださったようでブログで紹介してくれました。

「るっち」さんは今年は青色申告の申請が間に合わず白色申告だったとのこと。
所得の関係で旦那さんの扶養からも外れてしまい国民年金と国民健康保険も支払うことになったようです。

ハンドメイドに限らず、自営業で継続的に38万円以上(給与所得者は20万円以上)の所得を得ていると確定申告と所得税の納付は必須です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

www.hm-ouchikigyo.com

実は専業主婦の場合は、確定申告よりももっと大変な問題が発生します。

それが扶養問題です。

以前の記事でも書いていますが、会社員やパートのような給与所得者は65万円の控除(見込み経費)があるので、38万円の基礎控除(もしくは配偶者控除)との合計103万円までは扶養の範囲です。
しかし給与所得がない専業主婦の場合、白色申告では38万円の基礎控除(もしくは配偶者控除)だけなので、所得が38万円以上になると扶養から外れてしまうのです。
 
詳しくはこちらの記事へ

www.hm-ouchikigyo.com

 

【注意】

社会保険の扶養については所得税の扶養とは少し基準が異なります。130万円以下ならOKのところが多いですが、開業届を出しただけで扶養から外れる企業もあるようです。詳細は旦那さんの保険組合にお問い合わせください。

ハンドメイド所得が38万円前後の人は要注意!

もし、ぎりぎり38万円を超えてしまうとどうなるか理解していますか?
扶養から外れると、所得税、住民税、国民年金、国民健康保険料を自分で納めないといけません。

国民年金は第一号被保険者(自営業者)の場合
1か月15,590円なので年間187,080円の負担になります。

国民健康保険料
家庭の収支状況と各自治体によって金額が大きく異なります
セミナーでお世話になった税理士の話では、大体15万円程度とのこと。ただし、国民健康保険は地域差がかなりあるの役所にいって聞いてみる方がいいでしょう。
 
国民年金だけで約19万円です。
それ以外に所得税に住民税、国民健康保険料が掛かるので、38万円では足りなくなってしまう可能性もあります。
国民年金と国民健康保険料は所得控除の対象になりますが、自分で支払うことに変わりありません。せっかくの稼ぎがちょっと基準を超えただけで一気に減ってしまうのは避けたいですね。
また、旦那さんが職場から家族手当(配偶者手当)をもらっている場合、扶養から外れれば家族手当もなくなります。月に1万5千円の家族手当があったとすると、年間18万円の手当が受けられなくなります。

秋の時点でハンドメイドの所得が38万円前後になりそうな人は、白色申告の場合は調整して38万円未満に抑えられないか工夫しましょう。既に秋の時点で38万円以上の所得になっている人はもっと稼ぎましょう

青色申告の場合は103万円まで扶養の範囲なので、白色申告の人より所得の上限に65万円も余裕があります

ハンドメイドを仕事にしたいなら、
収入にかかわらず最初から青色申告をする準備を整えておくことをおすすめします。