読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドでおうち起業

ハンドメイドでおうち起業するために必要なコトをまとめてみました

おうち起業はどこからが「起業」なの?

何をしたら「起業した」ことになるのか?

 

ハンドメイドでおうち起業をしたいと思っていろいろ調べてみると、疑問がいっぱい浮かんできました。中でも一番気になったのは、「何をしたら起業」になるかでした。

利益が出たとき?

商品が売れたとき?

販売を始めたとき?

商品を作ったとき?

よくよく考えると、どれも間違いでした。
「利益が出たとき」でないのは、利益が出ていなくても売上は発生しているから。
「商品が売れたとき」「販売を始めたとき」でないのは、販売するためにも費用が発生するので事業は既に始まっているんですよね。
じゃあ「商品を作ったとき?」と考えていたら、あることに気づきました。

利益を計算するには、原価の計算が必要だということ
原価を計算するには、材料の購入時に帳簿を付けておく必要があるということ

最初からしっかり準備しておかないと、どんぶり勘定になる可能性が高いです。
ということは、起業の始まりは「材料を購入したとき」になりそうです。

もっと言えば「起業の準備を始めたとき」が正解なのかもしれませんね。